ページトップボタン

眠気をスッキリ!目を覚ますのに効果的なツボ

眠気をスッキリ!目を覚ますのに効果的なツボ

睡眠は足りているはずなのに、なぜか1日のうちに何度か眠気がおそってくるタイミングがあります。
特にランチを食べた後。

このタイミングで会議なんてあったら寝落ち間違いなし。
困ったものです。

何とかこの眠気を撃退し、スッキリ目を覚ますには、どうしたらいいのでしょうか?

眠気覚ましにはツボ押しが効果的

ツボ 目を覚ます

眠気覚ましの方法はいろいろあります。

ストレッチをして体を動かすのは効き目バツグンですし、食べたり飲んだりも効果的な眠気覚ましです。
特に、コーヒーや紅茶など、適度なカフェインが含まれている飲み物は、やる気もアップして一石二鳥です。

でも、会議の途中にストレッチしたり、食べたり飲んだりなんて派手な動きはできません。

誰にも気づかれず、眠気を抑えてスッキリ目を覚ますのに効果抜群の方法がツボ押しです。
ツボというと地味な印象ですが、東洋医学の長い歴史のなかで培われた治療法であり、効果があるからこそ、今に伝わっているのです。

ここではスッキリ眠気覚ましをして、目を覚ますツボを紹介します。

ツボってホントに眠気覚ましやそもそも効果があるの?

ツボの効果って気のせいじゃないの?と思っている方も少なくないと思います。
しかし、ツボはWHO(世界保健機構)でもその存在や効果が認められているんです。

その数、361か所。
実際には、もっと多くのツボがあると言われています。

今回ご紹介するのは眠気取り払って目を覚ますツボ。
たくさんの症状に有効な万能のツボも何か所か含まれていますので、ぜひ覚えてくださいね。

効果を感じやすいツボの押し方

ところで、ツボって、そんなに簡単に見つけられるものなのでしょうか?
また、プロに頼まず、自分で押しちゃっていいの?そんな疑問もわいてきます。

まずはツボの基本をチェックしておきましょう。

ツボの位置はどう探す?

ツボは正しい位置を押してこそ、効果があります。
ですから、なるべく正確な位置を探して押すように心がけてください。
といってもツボは、正しい位置を押していると痛気持ちよく感じることから、なんとなくわかるものです。
ツボの位置を探すときは、ちょっと意識すると見つかりやすいはずです。

ツボ押しは呼吸と合わせて

ツボ押しの基本は、指の腹を使います。
ツボにしっかりと圧がかかるようにするために、垂直を意識して、ゆっくり痛気持ち良いと感じるくらいの強さで押します。

また、ツボを押すときに息を吐き、ツボから手を放すときは息を吸います。
ツボ押しに呼吸を合わせることで相乗効果が期待できます。

ツボ押しグッズやつまようじを数本輪ゴムで束ねたものの柄の方、ペンなどでも代用できます。

ツボを押しNGの人とは?

ツボを押すと血流が良くなるので、飲酒時や入浴時などは避けた方が安全です。
特にアルコールはまわりやすくなってしまうので注意が必要です。
また、食後30分以内は、胃に血液を集中させたほうが消化に良いので避けます。

妊娠中は、つわりを軽減するツボ押しもありますが、赤ちゃんに悪影響を及ぼすツボもありますので、専門家にお願いするようにしましょう。

眠気覚ましに効くツボ5選

眠気覚まし

スッキリ目を覚ます、眠気覚ましに効果のあるツボを5つ紹介します。

スッキリ目を覚ますツボ「晴明」

鼻の付け根、目頭の先端のくぼみの部分にある眠気覚ましに効果のあるツボ。
目を閉じ、左右にあるツボを両手の人差し指で鼻の両側から押しはさむように押します。
眠気覚まし以外にも、眼精疲労や鼻づまりに効果があるされているツボです。

脳と関係性の深いツボ「中衝」

中指の爪の生え際より2ミリほど下、親指寄りにあり、スッキリ目を覚ますのに効果的なツボ。
手を人の身体と見立てたとき、小指と親指は足、人差し指と薬指は腕、中指は首と頭を表すと言われます。
まさにこのツボは頭のてっぺんにあり、脳とも深い関係があり、眠気覚ましとともにストレス解消の効果もあります。
ツボを中心に良くもみほぐした後、手のひらを返して中指をそらせます。

万能のツボの1つ「合谷」

親指と人差し指の骨が合流する地点にあるところから、合の字が使われているツボです。
とはいえ、正しいツボの位置は合流地点ではなく、人差し指よりを少し探っていくとわかる骨のくぼみの部分です。
ここが合谷のツボ。
眠気覚ましの他、疲れ目や視力回復、肩こりや花粉症、めまいなどにも効果があり、脳にも刺激が伝わるツボと言われています。

骨の下深くに神経が走っているので、親指を骨の真下に潜り込ませるように押すことでツボを刺激します。
3~5秒押して1秒休むを1セットとして、3~5セット行います。
また、ツボを押されている方の手は力を抜いておかないと、ツボが隠れてしまうので注意が必要です。

自律神経を整えるツボ「百会」

頭の頂点に位置するツボ、百会もまた万能のツボの1つです。
左右の耳の穴を結んだラインと眉間の中心から頭頂に向けたラインが交わったところにあります。
眠気を払い、スッキリ目を覚ますのに効果的です。
また、自律神経を整え、癒しの効果もあるので、時間帯や刺激の仕方でさまざまな効果が期待できます。

ツボに両手の中指を重ね、身体の中央に向かって押すイメージで刺激します。
痛みを感じない程度の強さで、15~20回ほど指圧します。

首と肩のコリにも効くツボ「風池」

首の後ろの左右の筋からやや外側、髪の生え際にあるくぼみの部分にあるツボです。
親指の先をツボに押し当て、手のひらで頭を包むようにすると力がいれやすく刺激できます。
3秒押して3秒話すを数回繰り返します。

眠気覚ましに加え、首コリや肩こりにも効果があり、パソコンを使う人はぜひ覚えておきたいツボです。
百会と交互に押すことで脳の血行が促され、さらに脳を活性化し、目を覚ます効果がアップします。

眠れないときに良い入眠のツボ

不眠 ツボ

ランチ後に眠くなってしまうのは、胃に血液が集中してしまうからですが、もしかしたら睡眠不足に陥っているからかもしれません。
夜寝る前には、質の良い睡眠を促す睡眠不足解消のツボを押してみましょう。

不眠解消にも効果のあるツボ「百会」

眠気覚まし高価でも紹介した百会は、不眠の解消にも効果があります。
お風呂から出てリラックスした状態で押してみましょう。
自律神経が整うので、夜働くべき副交感神経の活性化が促されます。

名は体を表す?! 安眠のツボ「安眠」

その名の通り、睡眠のツボとして有名な安眠。
副交感神経の働きを活性化させるツボなので、不眠症に効果があります。

耳の後ろにあるとがった骨から指一本分真下がツボの位置です。
両手の親指をツボに当て、手のひらで頭を包むように押し上げて刺激します。

眠気覚ましに効果のあるツボまとめ

ランチの後のどうにもならない眠気に襲われることは誰にでもあるもの。
とはいえ、そこで眠ってしまうわけにはいきません。
そこで眠気覚ましに効果的なツボをご紹介。
スッキリ目を覚ますことができれば、午後もアクティブに過ごせるはず。
眠気覚ましのツボについてまとめておきましょう。

  • ツボ押しはWHOでも効果が認められている東洋医療の治療法
  • WHOに認められたツボは361か所。
  • 眠気覚ましにツボ押しは
  • 眠気覚ましに効果のあるツボはたくさんある
  • 合谷、百会は眠気覚ましの他にもたくさんの効果が期待できる万能のツボ
  • 目の疲れを癒して、スッキリ目を覚ます晴明のツボ
  • 首こり・肩こりにも効果がある眠気覚ましのツボ、風池
  • 指先だから手軽に押せるツボ、中衝
  • 睡眠不足にもツボ押しは効果的