ページトップボタン

不眠解消に効果的!眠れない夜はツボ押しでぐっすり睡眠

不眠解消に効果的!眠れない夜はツボ押しでぐっすり睡眠

いつも寝る時間なのに寝付けない…
なんだか今日は、うまく睡眠に入れない…
誰にでもある、ちょっとした不眠に不安を覚える夜。

そんな時に、
手軽で効果のある不眠解消の方法を知っていれば~
朝まで不眠に悩まされたくないし早く睡眠したい~

なんて思うことありませんか?

そこで今回は、手軽にできる不眠解消法の1つ、睡眠に効くといわれるツボについてご紹介します。

不眠解消法が知りたい!ツボ押しが効果的?

ツボ押し 不眠

不眠解消に効果のあるものとして、ホットミルクやハーブティーなどが思い浮かびます。
しかし、こうしたものは必ず家にあるとは限りませんし、ひと手間かかるのがめんどくさいところです。

ツボ押しなら、睡眠にはいる体制を大きく変えることなく、道具不要でツボの位置さえ知っていれば、いつでも手軽に行えます。
まずは基礎知識として、睡眠が難しくなる、不眠の原因と症状を簡単にチェックしておきましょう。

自律神経の乱れから始まる不眠症

不眠の原因の1つとして考えられるのは、自律神経の乱れです。

自律神経は、昼間の活動モードを担う交感神経と、夜間の休息モードを担う副交感神経から成り立っています。
しかし、眠れない、あるいは不眠症かもといった不安を感じるのは、この2つの神経の切り替えに問題がある場合が多いです。

睡眠をとって休息するべき時間帯になっても交感神経が優位に立ってしまっていることがあるのです。
そのきっかけは、残業で張り詰めた神経だったり、人間関係によるストレスだったり。

また、そうした一時的な不眠もそのまま放っておくと、悪循環に陥って睡眠不足となり、心身に支障をきたしてしまうこともあります。
できれば昼間、何があっても、夜になったら心身をリラックスさせてスムースに睡眠に就けるよう、常に自律神経の働きを正常に保てるような生活を送りたいものです。

深刻化する前に気づきたい不眠の症状

最初は、1日2日の不眠だったものが、気がつくと慢性的なものになっている場合があります。
そうなると睡眠不足が重なり、心身の健康への影響も大きくなるものです。
睡眠不足が長引いているなと感じたら、専門の医師に相談することがおすすめです。

不眠症の種類と症状

  • 入眠困難……布団に入っても30分~1時間以上眠りにつけない
  • 中途覚醒……夜中に何度も目が覚める
  • 早朝覚醒……希望する起床時間またはいつも決めている時間の2時かに錠前に目が覚めて、その後眠れない
  • 熟睡障害……一定の睡眠時間をとっているにもかかわらず、熟睡感がない

関連記事:不眠症と睡眠障害って違うの?睡眠障害の種類と原因

不眠解消に効果が期待できるツボ押し

ツボ押し 効果 不眠

突然起こった不眠の症状や眠れない日が2~3日続いてる!そんな場合におすすめなのがツボ押しです。

ツボ押しは、民間療法だと思われがちなうえ、目に見えないし、本当に効果があるの?という方も少なくありません。
ところがツボは、WHO(世界保健機構)でも、医療効果が認められている東洋医学の1つなのです。

WHOが定義するツボは、全身で361か所。
ここでは、覚えておくと便利な不眠解消のツボをご紹介します。

ツボを押して不眠解消するために

自分の身体を自分の手で押すだけに、気軽にトライする方が多いですが、プロじゃなくても大丈夫?という疑問がわいてきます。

もちろん大丈夫です。
ですが、押してはいけない人も状況によっては存在しますので、ツボについてのカンタンな知識も確認しておきましょう。

ツボはどこ?位置の探し方

ツボは、正しい位置を押すことで効果が感じられます。
とはいえ、ツボの位置は人によって微妙に違ったり、その日の体調によって感じ方に違いがあったりします。

ツボ自体は、押せばほかの場所とは違う感覚、例えば「じわっとイタ気持ちいい」というような、もう少し押し続けたいと思わせる感覚があります。
目安の位置とその周辺を触りながら探し出してください。

また、特別な道具はいりませんが、専用のツボ押しグッズやつまようじを輪ゴムなどで束ねて柄の方でたたくように使う方法などもあります。

ツボ押しのコツは深呼吸にあり

ツボの押し方としては、やみくもに強く押すのは逆効果です。
基本的には指の腹を使って、ゆっくり適度な強さでツボに対して垂直に押すことが効果を高める押し方になります。

また、押すタイミングで息を吐き、ツボから手を放すときに息を吸うようにします。

ツボ押しNGの人とは?

ツボを押すと血行が良くなりますので、お酒を飲んだ後や入浴の直後は避けます。
特にアルコールは周りが良くなってしまうので注意が必要です。
食後は、消化のために胃に血液を集中するためにもツボ押しは避けたほうが良いでしょう。

また、妊娠中のツボ押しは注意が必要です。
どうしても試したい場合は、専門家にお願いすることをおすすめします。

不眠解消に効果のあるツボ5選

不眠 ツボ押し

不眠解消に効果が期待できるツボは、副交感神経の働きを優位にし、スムースな睡眠に導こうとするもの。
自律神経を整えることで不眠解消を実現します。

ズバリの名前で不眠解消「安眠」

名前からして不眠解消に絶大な効果を発揮してくれそうなツボが「安眠」です。
ストレスをコントロールし、自律神経を整え、スムースに睡眠に導いてくれます。

場所は、耳の後ろにあるとがった骨から、指の幅だいたい1本分のところ。
うなじとの境目あたりにあります。

親指の先をツボに当て、持ち上げるように押し上げます。
5秒間押し上げるのを1セットとして、5~10回行います。

不眠症だと、このツボのあたりが硬く凝っている場合もあるので、良くもみほぐしてください。

副交感神経を整えて不眠解消「完骨」

安眠に近い位置にあるのが完骨のツボです。
副交感神経を整えることに加え、顔周りの血行を良くして吹き出物といった肌トラブルにも効果が期待できます。

場所は、耳の後ろにあるとがった骨から1cmほど下、少し内側にずれた、へこんだ部分、髪の生え際になります。
押し方と回数は、安眠と同様になります。

自律神経を調整して不眠解消「天柱」

高ぶった神経を鎮めるツボである天柱。
このツボもまた安眠や完骨といったツボの近くにあります。
首の周りのツボは、自律神経と深く関わりがあるため、不眠を感じているときは首周りに不調が表れることが多くあります。

天柱は、首の後ろにある2本の太き筋の外側、髪の生え際にあるくぼみに位置しています。
安眠、完骨同様に押します。

蒸しタオルなどを利用して天柱をはじめ首を温めることも不眠を解消し、穏やかに睡眠に導いてくれる効果が期待できます

手のひらから手軽に不眠解消「心包区」

中指の下、手のひらのほぼ中央にあるのが心包区です。
もっとも手軽に押せる自律神経を整えるツボです。

親指をツボに置き、3秒押し込み、手を放します。
何回か繰り返しますが、ゆっくり時間をかけると効果が感じられます。
両手を行います。

足裏をたたいて不眠解消「失眠」

足の裏、かかとの中央にあるのが質民のツボ。
少しへこんでいるのがわかります。

押し方は、親指を重ねて20秒ほど押すのを1セットにして3回ほど繰り返します。
かかとはちょっと皮が厚いので、反対側の手で握りこぶしを作って20回ほど叩く方法でも大丈夫です。

 

関連記事:自律神経の乱れが寝つきが悪いなどの不眠の原因に

関連記事:今すぐ寝たい!夜眠れないときの対処法

眠気覚まし効果のあるツボもある!

不眠解消のツボもありますが、眠気覚ましの効果のあるツボもあります。

例えば、強い眠気が出る午後に、大切な会議が入っているとき。
絶対に寝てはいけない場面でも、いつも通り眠気が訪れてしまう時ってありませんか?

そんな時の為にも、眠気覚ましのツボも覚えておくと便利です。
もし、昼間に強い眠気が出る方は、こちらの記事も読んでおきましょう。

関連記事:眠気をスッキリ!目を覚ますのに効果的なツボ

不眠解消に効果のあるツボまとめ

誰でもなんとなく眠れない夜はあるものです。
そんな不眠の原因は、自律神経の乱れによるものが多く、不眠解消に効果的なツボを押すことで、スムーズに睡眠に入れるようになります。

では最後にもう一度、不眠解消に効果的なツボ押しで重要なポイントを振り借りましょう。

  • 突発的な不眠でも放っておくと慢性化する恐れがあるので、なるべく生活のリズムは崩さない
  • ツボは、WHO(世界保健機構)にも認められている東洋医学の1つ
  • WHOが認めているツボは361個
  • 不眠解消に効果のあるツボは、自律神経の乱れを整えるツボ
  • 自律神経の乱れは首の後ろあたりに出ることが多いので、首の後ろのツボを集中して刺激すると効果的
  • 自律神経を整えて不眠を解消し、スムースに睡眠に入るには蒸しタオルで首の後ろを温めるの効果的