ページトップボタン

夏のアウトドアを快適に!車中泊で熟睡するグッズをチェック

夏のアウトドアを快適に!車中泊で熟睡するグッズをチェック

夏といえばアウトドア。
気持ちはすでに、海・山・川へと大忙しですね。
車で出かけて、そのまま車中泊なんて、いつもと違った行動ができるのも解放感に満ちて夏休みがある夏ならでは。

そこで今回は、車中泊のお供、夏のアウトドアに欠かせない睡眠グッズをチェックしてみましょう。

車中泊で熟睡がアウトドアを楽しむ秘訣

車中泊 睡眠

気温が高く、晴れ間も多い夏は、同じアウトドアでも冬よりもずっと冒険がしやすい季節です。
そのため、車で出かけてそのまま車中泊という予定を立てる方も少なくありません。

でも、夏は暑さで体力も奪われやすい季節でもあります。
車中泊でもしっかり熟睡して体力を回復することがアウトドアをより楽しむコツ。
快適に夜を過ごして、夏ならではのアウトドアを楽しみましょう。

車中泊を快適に過ごす睡眠グッズ

車中泊 快適 熟睡

車中泊で心配なことと言えば、やはり睡眠です。
一晩くらい寝なくても大丈夫!なんてこと、睡眠の大切さがわかってきた今、言う人がいたら常識外れですね。

何より車を運転するなら、睡眠は時間に十分にとって熟睡することが事故を防ぐことにつながります。
遊びに出かけて事故を起こすなんて、愚の骨頂です。

とはいえ車は、睡眠のための空間ではありません。
快適にリラックスしたり、身体を休めて熟睡するには、一工夫が必要です。
車中泊を快適にする、睡眠サポートグッズを紹介します!

車中泊を快適の極みにするエアーマット

車中泊の快適さは、車種によっても異なります。
アウトドアを目的とした車なら、睡眠時間も計算に入った空間デザインになっているので、フルフラットなスペースが作れるようになっている車種がほとんどです。

こうした車の車中泊にほしいのがエアーマットです。
フルフラットでも多少の段差や隙間、あるいは床の硬さが気になる場合があります。

こうした寝心地の悪さを快適に変えるのがマットです。
ウレタンなどの素材でできたものもありますが、空気で膨らませて使うタイプのエアーマットなら、横になったときの使用感がより良いもの。

また、フルフラットでも多少デコボコが気になる場合は、エアー入りの方がよりクッション性が高まって、快適になります。
バルブを開くと自動で空気が入るタイプのものもあり、コンパクトにまとまるのもこちらのタイプです。

フルフラットが可能な車の車中泊を熟睡で快適にするお供と言えるでしょう。

首の負担を減らして快適睡眠・ネックピロー

普段使いのことを考えてマイカーは、タウンユースのコンパクトカーや軽自動車軽という方も多いはずです。
となると、車中泊とはいってもフルフラットは遠い夢、というところでしょうか。

だからといって車中泊での熟睡をあきらめる必要はありません。
できるだけシートをフラットに倒したら、ネックピローで頭を支えて眠りましょう。
首の周りに巻き付くようなタイプのネックピローは、しっかり首をサポートしてくれるので、頭の重みで肩が凝ったり、首に筋を寝違えたりといった心配がありません。

頭がぐらぐらしないので、熟睡感も得やすくなっています。

関連記事:快適睡眠に効果!一番いい睡眠中の姿勢はこれ!

身体を守る寝袋で車中泊で熟睡

アウトドアに出かけたら、絶対崩したくないのが体調です。
そのため、睡眠をとる際には冷えを感じたり、逆に汗をかきすぎたりといったことのないようにしたいものですね。

特に夏のアウトドアは、気温が高いと安心しがちですが、夜半過ぎると冷え込んでくるところが大半です。
油断せず、装備を整えておきたいものです。

そんなアウトドアで睡眠をとる際のサポートグッズとして、夏でも用意しておきたいのが寝袋です。
ファスナーの開き具合が調節できるものを選べば、暑いと感じたときには足を出したりといったこともできます。
春・夏・秋の3シーズン兼用がおすすめです。

防犯&耐熱で空間を快適にするカーテン

車はプライベート空間ですが、窓がたくさんあって外からはのぞき放題。
そんな状態で睡眠をとるのは、防犯上もよくありません。

昼間の光を避けて社内温度を上げないようにするとともに、防犯にもなるカーテンもぜひ用意して、睡眠をとりましょう。
その車種専用のサンシェードなどがあれば、耐熱効果は高いですが、リーズナブルに用意するなら汎用性の高いカーテンでもOK。

カーテンを引くことで防犯性も上がり、よりリラックスした空間を演出できます。
熟睡のためには、リラックスすることが大切ですので、カーテンは必ず用意しましょう。

関連記事:暑い夜を乗り切る!寝苦しい夏の快眠法

熟睡のための虫対策グッズ

夏、そして自然のなかといえば、虫です。
特に蚊は、あんなに小さいのに熟睡を邪魔するチカラは大きいもの。

また、刺されると腫れたり、熱を持ったりする虫もいます。
こうなるとおちおち寝てもいられません。

虫よけスプレーや携帯式の虫よけなどは必須です。
携帯式の虫よけと言えば、べープの蚊取りマット。
電池で使えて、1つのマットで120時間持つので車中泊中のみならず、アウトドアの旅行中便利に使えます。

窓を開けていても蚊に悩まされることないので、快適な気候で熟睡できます。
車中泊というより、アウトドアのお供と言っていいでしょう。

関連記事:睡眠をサポート!熟睡できる!使えるアイテム編
関連記事:残業もOK!短時間睡眠でも熟睡と疲労回復を実現

夏のアウトドアを快適にする熟睡グッズまとめ

夏は冒険の季節。
アウトドアレジャーも車中泊など、いつもよりちょっとハードルを上げて楽しみたいもの。
車中泊でも熟睡し、快適な旅を楽しむためのサポートになるグッズを確認しておきましょう。

  • フルフラットになる車での車中泊の睡眠をより快適にするならエアーマットが必須
  • タウンユースの車で快適に熟睡するなら頭を支えるネックピローを利用
  • 車中泊の明け方は冷えるもの、安心して睡眠をとるなら寝袋は夏でも用意を!
  • 防犯を兼ねてリラックス空間を演出するカーテンは遮光効果も。車内が熟睡空間に
  • 自然界の夏は、虫たちも活動期。虫よけがあれば窓を開けて睡眠をとっていても蚊の心配なし