ページトップボタン

現代社会が抱える不眠の原因と改善方法

現代社会が抱える不眠の原因と改善方法

現代人の多くが不眠により、睡眠が十分にできず、悩まされているといわれています。
最近ではテレビのニュースでも不眠に関して取り上げらることも多く「現代病」ともいわれています。

ではなぜ昔に比べ、現代人は睡眠に対し、これだけ多くの方が悩まされるようになったのでしょうか?

今回は現代人が抱える「不眠」の原因、改善方法までお話ししていきます。

現代人の不眠の原因

現代 不眠 原因

夜になっても中々寝付けないことありませんか?
寝つきが悪く不眠が続くと、不安になったり体調不良の原因にもなってしまいます。

現代人の5人に1人は不眠などにより、睡眠に何らかの問題を抱えているといわれていて、私自身も一時期、不眠に悩まされていました。
なぜこれだけ多くの現代人が不眠や睡眠に悩まされるかというと、現代社会が便利になりすぎたことが原因だといわれています。

現代ではコンビニだけではなく、24時間営業のスーパーも増え、夜中に必要なものがあれば、ほとんど手に入ります。
また、誰かと連絡が取りたかったり、調べたいことがあれば、パソコンやスマホで簡単に用事を済ませられるほど、情報技術が発達しています。

その結果、夜勤などの不規則な勤務体系が増えたり、夜中までパソコンやスマホを使用することで、人間が本来寝ている時間に活動している人が増えてしまったのです。
人間が持っている生活サイクルに乱れが出てしまうことが原因で、何らかの睡眠障害になってしまい、不眠の症状が出てしまうのです。

次は現代人によく見られる不眠の原因の代表的なものを2つ紹介します。

不規則な勤務時間がもたらす不眠

私たち人間は体内時計により、睡眠と覚醒のリズムが調節されていて、夜になると眠くなり、朝になると目が覚めます。
このリズムを概日リズムと呼び、日中は活動しやすくなり、夜間は休息するようになっています。

しかし、現代社会で増加傾向にある、夜勤や昼夜不規則な勤務をすると、体内時計が乱れてしまい、自分の睡眠したい時間に眠れなくなってしまいます。

この症状が「概日リズム睡眠障害」という睡眠障害で不眠の原因の一つだといわれています。
また、仕事以外でも夜更かしや睡眠をする時間が不規則なことが原因で、概日リズム睡眠障害を引き起こすといわれています。

睡眠ホルモンの分泌とブルーライトの関係

私たちは夜になると自然と眠気が出て、睡眠をしますよね。
この眠気、実は睡眠ホルモン「メラトニン」が多く分泌されることで出てくるのです。

しかし、現代人のほとんどが手にしている「パソコン」や「スマホ」が原因で不眠に悩む方が増えています。

パソコンやスマホの画面からは「ブルーライト」と呼ばれる光が出ています。
このブルーライトは身体に悪いわけではありませんが、この光が目に入ることで、メラトニンの分泌が抑制されてしまい、不眠の原因になってしまいます。

今回は現代人によく見られる不眠の原因を代表して2つ挙げましたが、これ以外にも不眠や睡眠障害はたくさんあります。
興味のある方はこちらの記事を読んでみてください。

現代人の不眠の改善方法

現代不眠 改善方法

睡眠しなきゃいけないのに、眠れない状態が続くとストレスにもなり、心身ともに健康のリスクを高めてしまいます。

今現在、不眠に悩まれている方や不眠気味だなと思われている方は、早期の解決が重要です。
ここでは、現代人が抱える不眠の改善方法をお話しします。

体内時計を正常にする

睡眠と切っても切れない関係なのが体内時計。
体内時計が乱れてしまうと、不眠になったり、あらゆる睡眠のトラブルになりかねません。

この体内時計の乱れを改善するには、太陽の光を浴びることが重要です。

太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌されて脳が覚醒し、体内時計のズレの調節やリセットをしてくれます。
特に現代人によく見られる、概日リズム睡眠障害の方は、太陽の光を浴びて、体内時計をリセットするといいでしょう。

体温が上がりきる前に睡眠

私たちは朝から昼にかけて体温が上昇し、夜間になると体温が下がり眠気がやってきます。

睡眠に適した状態は体温が下がった時なので、夜勤明けなどは体温が高い状態なので寝つきが悪く、不眠になりやすいです。
しかし、勤務状態を変えることは困難ですので、夜勤明けの時はなるべく早く睡眠に入るようにしましょう。

睡眠前にPC・スマホはできる限り使用しない

パソコンやスマホから出ているブルーライトは、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌量を減少させてしまいます。
なるべく睡眠する30~1時間前までには、パソコンやスマホの使用は控えたほうがいいです。

もし、使用する場合はブルーライトカットのメガネを着用するなどしたほうがいいでしょう。

現代社会が抱える不眠の原因と改善方法まとめ

いかがでしたでしょうか。
現代社会は不眠に陥りやすい原因が増え、不眠に悩む方も上昇傾向にあるといわれています。

不眠は今では「現代病」ともいわれていて、不眠=当たり前のように思われている方も多いのではないでしょうか。
しかし、不眠が続くことで心身ともに健康リスクが高まってしまったり、集中力が欠如すると事故やケガの原因にもなってしまいます。

便利になった現代ですが、便利さゆえに起きてしまう現代の不眠もあるので、なるべく人間本来のリズムで生活することを心がけましょう。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です