ページトップボタン

寝不足が原因の頭痛はキケン度高し!その対処法は?

寝不足が原因の頭痛はキケン度高し!その対処法は?

いろいろ忙しいと、ついつい削ってしまうのが睡眠です。
でも、あまりにも寝不足が重なると頭痛に悩まされるなど、日常生活に支障をきたす症状が出てしまうこともあります。

ところで、そもそもこの頭痛は本当に寝不足が原因なのでしょうか?

寝不足は頭痛の原因になる

寝不足 頭痛

仕事が重なったり、勉強の追い込みがあったり、夜遅くまで起きていても、翌日は普段通りに仕事や学校が待っています。
何とか起きた寝不足の朝、あるいはその日の昼間や夜に頭痛を経験することがあります。

睡眠は脳と身体の疲れを回復するための大切な時間です。
それを削っているのですから、寝不足になれば頭痛などの症状が起きてしまうのは、仕方がないことなのです。

寝不足になると頭痛が起きるのは、なぜ?

寝不足が頭痛を引き起こす原因を探ってみましょう。

寝不足による頭痛の原因① 脳の血流不足

私たちは酸素を取り込み、エネルギーとして使って生きています。
そのときに発生するのが活性酸素です。
活性酸素は実は身体に必要なものなんですが、それも程度があります。
必要以上にあると身体の細胞や神経細胞を傷つけ、サビさせてしまいます。
これが老化です。
しかし、発生した活性酸素が適量であれば、食べ物などから摂取したビタミンCなどの抗酸化物質が無害化してくれ、問題は生じません。

ところが起きている時間が長いと活性酸素も大量に発生するため、処理が追い付かなくなります。
こうなると活性酸素が問題を起こします。

寝不足で活性酸素が処理しきれていないうえに、起床して活動をはじめればさらに発生し、炎症を起こします。
こうなると脳は、自分自身の細胞を守らなければなりません。
そこで血流量を減らし、活性酸素を取り込まないよう抵抗をはじめます。
こうして起こる血流不足が頭痛の原因となるのです。

寝不足による頭痛の原因② 自律神経の乱れ

私たちの生きるリズムを刻んでいるのが自律神経です。

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。
交感神経が活動モードと脳の血管の収縮と血流量の減少を、副交感神経がお休みモードと脳の血管の拡張と血流量の増加をコントロールしています。

ところが寝不足になると交感神経ばかりが優位な状態になってしまいます。
そうなると脳をコントロールする神経伝達物質の分泌量にも影響が出て、脳が常に働いている状態が続き、疲労してしまいます。

また、自律神経の乱れは睡眠にも悪影響をもたらします。
寝つきが悪い、寝ている途中で起きるなど、不眠症の原因にもなります。

寝不足は不眠の原因にもなり、最悪のサイクルを招く結果にもなるので注意しましょう。

関連記事:自律神経の乱れが寝つきが悪いなどの不眠の原因に

寝不足から来る頭痛を改善!その対処法は?

睡眠不足 睡眠

寝不足によって頭痛が起きたら、やはりそのままというわけにはいきません。
その対処法を紹介します。

寝不足の頭痛を撃退するには睡眠が一番

寝不足で頭痛が起きるのは、身体が休めのサインを出している証拠です。
限界を知らせているのですから、頭痛などの症状が出たら睡眠をとって寝不足を解消するのが一番です。

また、これを機会に生活習慣を見直し、寝不足にならないような毎日を送るようにしましょう。

寝不足の頭痛による血流不足を改善!

寝不足からくる頭痛は、脳の血流量を不足させてしまうので、血行を良くすることは効果が期待できます。

入浴でリラックスして寝不足の頭痛を解消

お風呂に浸かることは、脳内のみならず、全身の血行を良くします。
また、さほど熱くないお湯にゆっくり浸かることで副交感神経が働き始めます。

就寝する1時間前までに入浴を済ませると、タイミングよく睡眠が誘発されるので、より深い眠りにつけ、睡眠の質の面からも寝不足を解消できます。

関連記事:お風呂に入る時間が睡眠に影響するの?

温タオルで手軽に寝不足による頭痛を緩和

朝、仕事や学校に行く前なら、温かいタオルで首筋を温めるのもおすすめです。

これだけでも首や肩などの凝りの原因となっている筋肉の緊張をほぐすことができ、頭痛を和らげます。
また、副交感神経を優位にするのに効果的です。

温タオルを使う方法は深部体温にまで影響はないので寝る直前でも寝不足を解消する睡眠の質を上げる効果が期待できます。

寝不足による頭痛を和らげるストレッチ

私たちは睡眠の最中、布団の中で寝返りを打ちます。
これが1日凝り固まった身体をほぐす効果があるのです。

しかし寝不足だと身体がほぐされる時間が足りないため、首や肩の凝りはそのままで全身の血行が悪くなっています。
これもまた、睡眠の質を下げる原因となり、ひいては寝不足を招くことになります。

そこで、血行を良くするためのストレッチを行うのがおすすめです。
入浴後、リラックスした身体をさらにほぐすのがより効果的ですが、時間がない場合はストレッチだけでも効果は感じられるはずです。

ストレッチも就寝の1時間前までに終わらせるようにすると、副交感神経を優位にするのに効果があり、睡眠の質を上げて寝不足を解消するのに役立ちます。

温タオルやストレッチなどで頭痛が解消しても、根本的な原因が解決しなければ、頭痛に悩まされる日は続きます。
しっかり睡眠が取れる生活習慣を整えることがおすすめです。

関連記事:運動と睡眠の深い関係!運動後に良く寝れる理由

どうしても即効性を求めるなら頭痛薬を使用する

頭痛が起きても仕事や学校は休めないという場合、即効性を期待して頼るのはやはり頭痛薬です。
しかし、寝不足が原因の頭痛の場合、原因によって頭痛薬の効果がある場合とない場合があります。

睡眠薬は効果があっても一時的なものですから、根本の原因を解決しないことには薬を飲み続けなければなりません。
しかも頭痛薬には、めまいや嘔吐をはじめ、便秘など消化器官への影響など副作用を起こすこともあります。

寝不足による頭痛薬の使用はあくまで最終手段です。
使用には用法用量を守り、医師の指示を受けたうえでの使用をおすすめします。

また、睡眠不足によって頭痛が起きている場合ですと、健康状態が良くない場合もあります。
睡眠不足は、確実にあなたの健康リスクを高めてしまいます。

多忙な現代人では、睡眠時間を削りがちな人も多いのが現状です。
睡眠できるようであれば、しっかりと睡眠をし、難しい場合は仮眠をとるなど、こまめに睡眠をしましょう。

関連記事:睡眠不足は健康の大敵!成長ホルモンを十分に得る睡眠法

関連記事:悪影響が多い睡眠不足!リスクの高い健康被害が続出

寝不足で頭痛になったときの解決法の記事まとめ

寝不足になると頭痛が起こりことがわかりました。
その原因は、活性酸素や自律神経の乱れによるものです。
どちらも結果的に血流量に影響し、頭痛を起こしてしまうのです。

そのため、一次的な対策としては、血流を上げることが頭痛を解消する効果が期待できると言えそうです。

  • 寝不足になると活性酸素が増えて老化が促進される
  • 脳内の活性酸素が過剰に増えると血流を抑えて活性酸素の働きを止めようとするので頭痛が起こる場合がある
  • 寝不足になると活動モードの交感神経が活性化し、血流量を抑えるので頭痛が起こる場合がある
  • 寝不足で頭痛が起きたら副交感神経を働かせる対策が効果的
  • 寝不足によって頭痛が起こる人は生活習慣を改善し、寝不足にならないようにするのが何より効果的

関連記事まとめ

睡眠不足はとても危険?その危険性とは?

成長ホルモンをしっかり分泌させる睡眠とは?

自律神経の乱れは不眠症や睡眠障害の原因に

睡眠に良いお風呂の入り方

睡眠の質を上げるのには運動も良い?