ページトップボタン

睡眠と美容特集③寝不足は体臭にも悪影響?

睡眠と美容特集③寝不足は体臭にも悪影響?

スメハラ(=スメルハラスメント)という言葉があるくらい、臭いに敏感な日本人。
日本人自体の体臭がそれほど強くないというデータもあることから過敏になって、他人の臭いよりも自分の臭いに悩む人が多いようです。

ところで最近、臭いに悩む人たちの年代に変化が出てきたとか。
その原因が睡眠にあるらしいというのも気になるところです。

寝不足が原因?体臭が気になる!

体臭 寝不足

体臭といえば、加齢臭を気にする30代半ばから40代以降の男性の悩みと思われていました。
ところが最近は、男女を問わず、若い年代から体臭を気にする人が増えているんです。

特に臭いを過敏に気にするあまりの自意識過剰というわけではないところが、悩みの深さに追い打ちをかけています。
その体臭の原因は、食べもの変化が大きいといわれていますが、睡眠時間の変化も関係あるとか。

実は、睡眠と体臭にも深い関係があるのです。

体臭と睡眠の関係とは?

仕事もプライベートも欲張って充実させようと思うと削ってしまうのが睡眠時間です。
誰もが自分の寝不足は自覚するところではないでしょうか?

寝不足になると、身体はさまざまな機能が低下し始めます。

代謝が落ちて体力の回復が滞ったり、ストレスがうまく解消できなかったり。
こうした機能低下は体臭の元にもなるのです。

関連記事:悪影響が多い睡眠不足!リスクの高い健康被害が続出

寝不足はストレス臭の原因に

寝不足 体臭 ストレス

男女を問わず、若い年代にもかかわらず体臭を気にしている多くの人がビジネスパーソン。
日々仕事に追われて睡眠は不足し、溜まるのは睡眠負債とストレス、そして疲労ばかりという生活を送る人たちです。

実は、この生活が臭いの元!
ストレス臭や疲労臭と呼ばれる体臭の1種を放ってしまうのです。

どちらも忙しいビジネスパーソン特有の体臭と言えます。

疲労回復できないと臭う疲労臭とは

疲労臭とは、その名の通り、溜まった疲労が原因で起こる体臭です。

私たちの身体は疲れるとアンモニアが増えてしまいます。
通常アンモニアは、肝臓で処理されているのですが、睡眠が不足して疲労が溜まると肝機能自体が低下し、処理が滞ってしまいます。

処理できなかったアンモニアは、身体に広がり、汗と一緒に排出されることになります。
これが疲労臭になるのです。

忙しさがストレスになるストレス臭

睡眠が不足するとストレスの解消も滞ります。
また、寝不足になることでホルモンバランスも乱れ、皮脂腺の働きが活発になって皮脂が増えてしまいます。

さらにストレスは、活性酸素を増やしてしまいます。
そうすると皮脂と活性酸素が結びついて皮脂が酸化します。

これは加齢臭と同じような臭いとなります。

これがストレス臭といわれる体臭の1種。
体臭は気にすればするほどストレスになります。

そのためストレス臭は、負のスパイラルに陥りがち。
体臭のなかでも厄介な臭いの1つとなっています。

関連記事:睡眠にも影響を及ぼす?睡眠とストレスの関係

寝不足解消で疲労臭&ストレス臭を解消!

疲労臭もストレス臭も睡眠が不足することによって起こる身体の機能低下が主な原因です。
きちんと睡眠をとることで疲労が回復したり、脳のリフレッシュ機能が働いてストレスホルモンが抑制されて、ストレスの解消につながります。

また、睡眠の効果をきちんと得るためには、睡眠の質も大切です。
生活習慣を整え、毎日だいたい同じ時間に就床・起床することで睡眠の質を高めることもできます。

気になるワキガも寝不足が臭いを強化

寝不足 ワキガ

体質的な要素が原因となって起こる気になる体臭といえば、ワキガです。
ワキガは遺伝によって体質が受け継がれますが、発症の年齢はまちまちです。

ワキガの原因は、アプクリン腺から出る汗。
汗は、かいた直後は無臭ですが、アポクリン腺から出る汗に脂質やタンパク質、糖質、アンモニアなどの成分が含まれています。

それが皮膚表面に繁殖している常在菌に分解されることでワキガ特有のニオイが発生してしまうのです。

このワキガも寝不足によって体臭が強化されてしまうのです。

ワキガと寝不足の関係

寝不足になるとなぜワキガもより強いにおいを発するようになるかというと、自律神経に乱れが生じることが大元の原因となります。
なぜなら睡眠の不足は、自律神経を乱し、交感神経を優位に働かせてしまいます。

交感神経が活発になると男性ホルモンの分泌が盛んになります。
これらの分泌物が皮脂腺を刺激し、皮脂をたくさん出させてしまいます。

皮脂は臭いの元ですから、過剰に分泌されるようにあればワキガがひどくなるのは当然。
ワキガの臭いも寝不足が悪化の原因だったのです。

関連記事:自律神経の乱れが寝つきが悪いなどの不眠の原因に

寝不足は体臭にも悪影響?まとめ

体臭が気になるといえば、加齢臭を避けて通れない年配男性でしたが、最近では男女を問わず、若い世代からの共通した悩みになっています。
その理由が寝不足です。
睡眠と体臭の関係を確認しておきましょう。

  • 最近は、若い女性も体臭に悩んでいる
  • 体臭に悩んでいるのは睡眠を削りがちなビジネスパーソン
  • 寝不足になって起こる体臭は、ストレス臭や疲労臭など
  • 睡眠が不足すると、身体の機能が低下し、巡り巡ってストレス臭や疲労臭を起こしてしまう
  • ワキガの原因は、アプクリン腺から出る汗。出たときは無臭だが、皮脂なども含んでいるため皮膚表面に住んでいる常在菌が分解することでワキガ特有のにおいを発してしまう
  • ワキガはストレス臭や疲労臭とは原因が違うが、睡眠の不足でひどくなる共通点がある
  • ワキガは自律神経が乱れ、ホルモンバランスが男性優位に傾くと自然と皮脂の分泌が増え、ワキガの臭いの原因を増殖させてしまう