ページトップボタン

睡眠中に夢を見ると疲れる「夢疲れ」とは?

睡眠中に夢を見ると疲れる「夢疲れ」とは?

私たちは眠っているとき毎回夢を見ています。
記憶に残る・残らないはありますが、一晩の睡眠で約4~5回は夢を見ているといわれています。

普段何気なく見ている夢ですが、実は人が夢を見ることには意味があります。
諸説ありますが、夢を見ることで現実で達成できなかった欲求を満たしたり、ストレスの解消、現実と睡眠の区別をしています。

そんな睡眠中の夢ですが、夢を見すぎて熟睡できない!夢の見すぎで疲れる!なんて症状で困っていませんか?

今回は夢を見すぎることで疲れる「夢疲れ」についてお話ししていきます。

睡眠中に夢を見て疲れる「夢疲れ」とは?

夢の見すぎ 夢疲れ

夢を見て起きた時に疲れを感じたことや、睡眠中に夢を見すぎて疲れる…なんて経験はありませんか?
睡眠中の夢の見すぎ、夢の内容が原因で疲れる症状は「夢疲れ」と呼ばれています。

せっかく早い時間に寝たのに、夢に邪魔されて疲れるようでしたら、睡眠した意味が無いように感じると思います。

ではなぜ夢を見ると疲れるのでしょうか?

なぜ睡眠中に夢を見ると疲れるのか?

夢を見ると疲れる理由は大きく分けると2つあります。

  • 夢の内容
  • 長時間のレム睡眠の出現

これらの理由についてお話ししていきます。

夢を見ると疲れる理由①夢の内容

私たちは毎晩いろんな夢を見ていますが、リアルすぎる内容の夢であったり、自分の悩んでいる内容の夢を見ることはありませんか?

夢の内容とは、脳内に記憶されたものを組み合わせることで形成されています。
そのため不安なことがあったり、悩みごとがあると、似たような内容の夢を見ることがあります。

例えば、仕事でとんでもないミスをして叱られた日に、夢の中でも同じようなミスをして叱られる…こんな経験ありませんか?

睡眠中は脳も体もリラックスして、休まる時間なのに、こんな夢を見ていたら精神的に疲れる原因になってしまいますよね。
病は気からという言葉があるように、寝起きから精神的に疲れることで、一日の疲れやだるさに変わってしまいます。

夢を見ると疲れる理由②長時間のレム睡眠の出現

私たちの睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠の2つの睡眠を繰り返すことで構成されています。

どちらの睡眠中も夢を見ていますが、記憶に残る夢は「レム睡眠」の時です。

なぜ夢を見ることが疲れる原因になるかといいますと、レム睡眠が長時間出現することで、眠りが浅い状態が長く続くからです。
脳の疲れを取るには、ノンレム睡眠の深い状態ではないといけません。

長時間のレム睡眠の出現すると、脳の休息であるノンレム睡眠の時間が減少します。
その結果、長い間夢を見ることや、寝ても疲れる原因となってしまいます。

また、ノンレム睡眠の深い状態の時に、体のダメージを補修する成長ホルモンは多く分泌されます。
夢を見すぎて疲れる人は、体のダメージもほとんど補修されていないので、睡眠不足のような状態と同じです。

夢を見ることで疲れる理由の多くは、この2つが主な原因となっています。
こういった症状が出ているのに、改善をしないと他にも健康リスクを高める症状が出てしまいます。

関連記事:人はなぜ夢を見る?夢と眠りの浅さの関係

夢疲れが悪化すると出る症状

夢を見る度に疲れる状態が続くと、睡眠に問題があるので、下記のような症状が出るときもあります。

夢を見ると疲れる人に起きやすい症状①体調不良

「夢を見る(記憶している夢)」=「眠りが浅い状態」ですので、疲労回復や体の補修ができていません。

睡眠時間は長くても、眠りが浅いため、睡眠の質が低い状態です。
このような睡眠では、本来の睡眠の効果を出せないため、睡眠不足のような状態になってしまいます。

夢を見ると疲れる人に起きやすい症状②日中の激しい眠気

眠りが浅かったり、夢を長時間見ることで、寝た気がしなかったり、疲労回復ができません。
その結果、日中なのに起きていられないほど眠気が出たり、居眠りの原因にもなります。

夢を見ると疲れる人に起きやすい症状③金縛り

金縛りは「レム睡眠」の時に起こります。
夢を見て疲れる人が、金縛りに合いやすいのは「異常なレム睡眠の出現」が原因です。

なぜ、夢を見ると疲れたり、夢を見すぎてしまう夢疲れが起きてしまうのでしょうか?

睡眠中の夢疲れの原因とは?

夢疲れ 原因

今現在、夢を見て疲れる人は症状を悪化させないためにも、原因を知ることが重要です。

夢疲れの原因の多くはストレス

夢を見るたびに疲れる、夢疲れの代表的な原因は「ストレス」が多いです。

ストレスは健康だけじゃなく、睡眠にも悪影響をもたらします。

寝る前はリラックスした状態でないと、質の高い睡眠は難しいです。
しかし、ストレスが蓄積されると、脳内が夜でも緊張や、興奮したりするので、中々リラックスできません。

そのため、普段そこまで夢を見ない人でも、不安なことやストレスが溜まると、夢を見ることが増えます。
これはストレスが原因で、レム睡眠とノンレム睡眠のバランスが崩れ、レム睡眠が多くなるからです。

この時点でストレスを発散できれば良いですが、ストレスが蓄積されると、ストレスの要因になっている夢を見たり、悪夢を見やすくなります。

ストレスにより夢を見る時間が長くなり、夢を見る内容も恐怖や不安になってしまうので、睡眠をしても疲れるだけになってしまうのです。

また、記憶に残る夢を見ることが多いということは、レム睡眠の時間が長いので、睡眠が浅い状態です。
睡眠が浅い状態では、脳は疲労回復することができません。

脳は疲労回復ができないことで、それがまたストレスになります。

ストレスが蓄積するということは、夢を見て疲れる要因になるだけではなく、ストレスの負の連鎖を招くことになります。

多忙な現代人は社会生活をするうえで、まったくストレスを感じずに生きていくのは難しいと思います。

関連記事;なぜ悪夢を見てしまうのか?

ストレスは睡眠から改善しよう!

ストレスは日々受けるものですし、生きていくうえで避けては通れないものです。

ストレス解消をするには、趣味を見つけたりすることがよく挙げられますが、睡眠をすることでも解消できます。

しかし、ストレスが蓄積されている人は、熟睡できなかったり、眠りが浅くなりやすいですよね。
そんな時は、睡眠にもストレスにも効果的な、幸せホルモン「セロトニン」を増やすことが重要です。

セロトニンは心の安らぎ、安定に関係しているホルモンで、睡眠ホルモンのメラトニンの原料にもなります。

このセロトニンを増やすには、必須アミノ酸「トリプトファン」を摂取することが重要です。

必須アミノ酸「トリプトファン」の摂取方法

幸せホルモン「セロトニン」と睡眠ホルモン「メラトニン」の原料となる必須アミノ酸「トリプトファン」。
このトリプトファンは食べ物から摂取することができます。

トリプトファンが多く含まれる食材・食品はこちらになります。

トリプトファンを多く含む食材・食品

  • 牛乳
  • チーズ
  • 味噌
  • かつお
  • まぐろ
  • 牛のレバー
  • 豚のロース
  • ゴマ
  • 納豆
  • アーモンド
  • バナナ

これらの食材は、トリプトファンを多く含みますので、夢を見て疲れる方、ストレスが多い方、何らかの睡眠障害に悩まされている方は、積極的に摂取しましょう。

関連記事:不眠症や睡眠の質を効果的に改善する食事とは?

睡眠中の夢疲れまとめ

夢を見ることで疲れと、睡眠することが嫌になりまよね。
睡眠は生きていくうえで、必要不可欠な行動ですし、何より満足いくのいく睡眠をすることは、幸せにつながります。

今現在、夢疲れの症状が出ている方は、ストレスや睡眠の浅くなる原因をまず見つけ出し、改善するようにしましょう。

関連記事:睡眠中の恐怖!金縛りの正体と症状・原因を暴く
関連記事:金縛りが起きた時の対策と予防するための改善方法


休息・睡眠サプリメント【 ネムリス 】

・不眠症で眠れない夜が多い
・眠れないけど睡眠薬は少し怖い
・ねむりスッキリ!快眠を体感したい
そんなあなたにオススメの睡眠サプリです。 約10日分:1,890円(税込)
約30日分:5,670円(税込)