ページトップボタン

寝る前のお酒は睡眠の質を上げる?寝酒の効果とは

寝る前のお酒は睡眠の質を上げる?寝酒の効果とは

お酒は昔から「酒は百薬の長」という言葉があるように、適度なお酒は体に良いとされています。

お酒を飲むとリラックスできたり、体がポカポカしたりして眠くなりますよね。
不眠に悩む方は、睡眠前に飲む「寝酒」によって、寝つきが良くなる効果があることから習慣化している人も多いと思います。

しかし、一般的には「寝酒は良くない」といわれることもあります。

今回はお酒が睡眠の質を高めるのか?寝酒の効果はどうなのか?など、お酒と睡眠の関係性についてお話ししていきます。

なぜお酒を飲むと眠くなるのか?

寝酒 眠くなる

お酒を飲むとアルコールの効果により眠くなる原因は、大きく分けると2つあります。

  • リラックス効果
  • 体温の低下

順番に説明していきます。

リラックス効果

まず、お酒を飲むことでアルコールの効果により、脳や神経の働きが鈍くなります。
脳や神経の働きが抑制されることで、リラックスできます。

また、アルコールは幸せホルモン「セロトニン」を分泌させる効果があるといわれています。
セロトニンは、精神の安定や不安・恐怖感を抑える効果があります。
気持ちが落ち着くことで、ストレスから解放され、リラックス状態になるので眠くなります。

体温の低下

お酒を飲んだばかりは、アルコールの効果により、体温が上昇したり、血管が拡張します。
しかし、血管が拡張していることで、体の熱が下がりやすく、体温が低下します。

人間は睡眠する前に体温を低下させることで、眠くなります。
お酒を飲むと、アルコールの体温を低下させる効果により、脳は睡眠の準備を始めて、眠くなるのです。

アルコールの効果により、眠気が出てくるため、寝酒としてお酒を飲むのは効果的なのかなと、現段階では思ってしまいますよね。
しかし、アルコールの眠くなる効果は時間が経つと、睡眠にとって逆効果になります。

寝酒は睡眠の質を下げる

寝酒 睡眠の質下げる

お酒を飲むことによって、アルコールの効果で、睡眠に大切な「リラックス」と「体温低下」ができるのに、なぜ寝酒はダメなのでしょうか?
寝酒が睡眠薬の代わりにはならない原因を紹介します。

夜中に目が覚めやすくなる

お酒を飲むことで、アルコールは体温低下をさせる効果などで眠気を誘います。
しかし、アルコールは体内で、3~5時間後には有害な「アルデヒド」になります。

このアルデヒドは、心拍数を高めたり、体温を上げる効果を持っています。
その結果、脳が覚醒してしまい、睡眠が浅くなり、夜中に目が覚めることが増えてしまいます。

お酒を飲むことで、寝つきは良くなり眠れるものの、3~5時間後には結局、眠りが浅くなるので、睡眠の質を下げることになります。
そのため、寝酒はやめたほうが良いです。

また、寝酒により睡眠が浅くなると、脳の疲労回復や成長ホルモンによる体の補修が行われにくくなります。
宴会や飲み会の次の日にしっかり寝たはずなのに、眠さやだるさが残る原因は、お酒により睡眠が浅くなることが原因です。

関連記事:夜中目覚める中途覚醒とその原因

トイレが近くなり起きてしまう

睡眠中はおしっこが出ないように、抗利尿ホルモンが分泌されます。

しかし、お酒を飲むことで、アルコールの効果により、抗利尿ホルモンの働きが弱まってしまいます。
その結果、睡眠中なのに、おしっこがしたくなり、トイレで目覚めることになります。

トイレに行くたびに、目が覚めてしまうので、睡眠が分断され、熟睡できなくなります。

寝れないからといって、寝酒を飲むことは、逆に睡眠の質を下げる結果になってしまうことがわかりました。

また、寝酒を続けていると、もっと恐ろしい症状が待っています。

関連記事:トイレに行きたい!夜中に何度も目が覚める原因は?

寝酒が招く恐怖

寝酒 恐怖

寝酒が不眠に効果的ではないことがわかりました。
習慣的に睡眠のために、寝酒をしている人がなりやすい、寝酒の恐怖を紹介します。

寝酒が招く恐怖①肝臓の病気

お酒を飲んでから睡眠をすると、睡眠が浅くなり、脳の疲労回復や体の補修ができません。
特によくお酒を飲む人や、寝酒が習慣化している人は、通常の人より肝臓にダメージを与えています。

睡眠は肝臓にとっても休む時間ですが、睡眠が浅いとしっかりと休むことができません。
また、寝酒をしてしまうことで、睡眠中も肝臓はアルコールの分解をしなくてはいけなくなるため、活動しています。

お酒の分解で常に肝臓が活動すると、肝臓もやがて限界がきて、肝臓病になってしまいます。

寝酒は睡眠にも逆効果ですが、肝臓にも悪いのでやめましょう。

寝酒が招く恐怖②アルコール依存症

睡眠に悩まされるので、寝酒を毎晩続けると、アルコール依存症になってしまう可能性があります。

「寝酒くらいの少量のお酒でアルコール依存症になるわけないよ」と思う人もいるかもしれませんが、少量で寝酒が済まなくなるのがお酒の怖いところなのです。

はじめは少量のお酒で眠れていたのに、人の体はだんだんとアルコールに慣れていきます。
体がアルコールになれることで、はじめの少量のお酒では眠れなくなり、量が日に日に増えていきます。

また、寝酒を習慣化してしまうことで、体がお酒を飲まないと睡眠できない体になってしまいます。
その結果、常に体がお酒を求めるようになり、アルコール依存症になってしまうのです。

アルコール依存症になってしまうと、自分だけではなく、他人にも迷惑をかけてしまい、社会生活が困難になることもあります。
自分ではやめたいと思ってもやめられないのがアルコール依存症の一番の怖いところです。

結果的に寝酒はやめた方がいいの?

寝酒 改善 効果

寝酒は海外では「ナイトキャップ」と呼ばれ、睡眠前に強いお酒を少量飲む、安眠法が一時期流行りました。
映画のワンシーンでも、ウィスキーやウォッカを睡眠前に飲むシーンを見たことがある人も多いと思います。

現在でも寝酒を続けている人はとても多く、日本人の30%は寝酒をしているという研究結果も出ています。
世界の中でも日本人は、不眠の際に、寝酒をする人の倍率がとても高いことで知られています。

しかし、近年ではナイトキャップの危険性が指摘され、寝酒(ナイトキャップ)は不眠のもとになるともいわれています。

よく「寝酒はほろいレベルなら良い」といわれているのを聞いたことがあります。
実際、ほろ酔いレベルであれば、アルコールの効果で眠気も出るし、そこまで量を飲まないから平気かもしれません。

ただ、寝酒の危険性はそこではないのです。

人間にはすぐに状況に対応できるように「慣れ・耐性」が備わっています。
寝酒も一度や二度なら良いかもしれません。

寝酒を続けることで、日に日に量が増えたり、お酒を飲まないと寝れない体質になることが、寝酒の一番の危険性なのです。

そのためお酒を睡眠薬代わりに使ったり、「寝酒はやめた方がいい」という結果になります。

関連記事:お酒とタバコは不眠の原因など睡眠への悪影響が多い!

関連記事:寝る前の一服が不眠の原因に?タバコと睡眠の関係とは

寝酒の効果まとめ

日本人は不眠や睡眠障害など、睡眠に悩まされている方が多い国です。
そのため、寝酒をする方も非常に多いことがわかっています。

最後に、寝酒に関して今回わかったことについて、振り返りたいと思います。

  • お酒を飲むと寝つきは良くなるが睡眠が浅くなる
  • 寝酒は不眠の原因や目が覚めやすくなる
  • 寝酒を習慣化することでアルコール依存症になる可能性が上がる
  • 寝酒の本当の怖さはお酒がないと眠れなくなること
  • 総合的に考えると寝酒はやめた方がいい

寝酒が習慣化することで、睡眠の質だけではなく、健康リスクを招く原因になるので、やめた方がいいでしょう。
お酒に頼らず睡眠できる方法は、たくさんあるので、自分に合う睡眠方法を見つけ出しましょう。