ページトップボタン

聴くと眠くなる睡眠に良い音楽とは?

聴くと眠くなる睡眠に良い音楽とは?

動画サイトには、「聴いていると眠くなる」「睡眠が深くなる」とされる、睡眠に良い音楽がたくさんアップされています。
その再生回数は、驚くほど。

音楽を聴きながら睡眠をとっている人がどれだけ多いかを物語っています。

実際、こうした音楽は本当に眠くなる効果や睡眠自体に良い効果があるのでしょうか?
気になるところです。

眠りの味方!睡眠に良い音楽

睡眠 音楽

睡眠は毎日とるものですが、日々体調が違うように毎日微妙に変わります。
そのくらい睡眠は繊細なもの。
いろいろな影響を受けやすいのです。

特に睡眠を妨げるのが外部からの刺激です。
音楽も外部からの刺激ですので、そう考えると睡眠に良い音楽があるというのは矛盾するように感じられます。

では、実際のところはどうかというと、音楽は睡眠の質を高める効果が期待できます。

ただし、その効果を得るのにはちょっとしたコツが必要なのです。
それは、睡眠に良いジャンルの音楽を選び、正しい利用法で聞くという条件が付くのです。

睡眠に良い音楽を利用して、実際に眠くなる効果を得たり、睡眠の質を高める聴き方を確認していきましょう。

音楽のリラックス効果で睡眠の質を高めよう

睡眠に良い音楽

音楽は、外部刺激の1つ。
ですから、音楽が眠りを導くわけではありません。
どちらかというと、眠くなるといった睡眠の準備に効果を発揮してくれるのです。

私たちの身体が睡眠に向かうとき、自律神経はリラックスモードに変わっていきます。
音楽は、このリラックスモードを高めるのに役立ちます。
ゆったりと音楽に身をゆだねることで心身ともにリラックスし、眠くなる効果をもたらすというわけです。

この眠くなるタイミングで就寝することで質の高い眠りに入る効果が期待できるのです。

関連記事:自律神経の乱れが寝つきが悪いなどの不眠の原因に

質を高める睡眠に良い音楽とは

何よりも自分が心地よく聴ける、好みの音楽であることが第一条件です。
音に自分をゆだね、リラックスできる音楽を選部ことで、眠くなる効果を得られるのです。

副交感神経を整えると眠くなる

睡眠に良い音楽のもう一つの条件は、自律神経のうち副交感神経を優位に働かせる音楽であることです。
睡眠中の私たちの脳波は、深い眠りについているときほどリラックスし、低い周波数になります。

周波数とその名称

  • δ(デルタ)波:0.5~4ヘルツ
  • θ(シータ)波:4~8ヘルツ
  • α(アルファ)波:8~14ヘルツ
  • β(ベータ)波:14~38ヘルツ
  • γ(ガンマ)波:26~70ヘルツ

人間が活発に活動している状態の脳波が、β波。
リラックス状態になるとα波という波形に変わっていくのです。

脳波は音楽が持つ周波数に同調する特徴があります。
ですから、デルタ波~アルファ波の周波数を持つ音楽を聴くとその周波数に変化しやすくなり、眠りにつきやすくなります。

こうした周波数を持つ音楽がクラシック音楽です。
そのなかでも全体的に低い音で構成され、ゆったり静かな曲調のものが周波数が低くおすすめです。
特にモーツァルトの曲は睡眠に良い音楽として理想的といわれています。

また、風や波、雨など、自然界の音も周波数が低いことから眠くなる音楽として人気となっています。
一般的にヒーリングミュージックといわれているカテゴリーの音楽もこうした周波数に導いてくれる睡眠に良い音楽の1つと言えます。

睡眠に良い音楽をより効果的に

リラックスするためには、睡眠に良い音楽の効果だけに頼らず、そのほかの睡眠環境もきちんと整えることでより良い効果が得られます。

例えば、寝室の照明や温度、湿度などは季節に応じて睡眠に適した状態にしましょう。
肌に直接触れる寝具も良い睡眠を導く条件の1つです。

睡眠の質を高めるには、眠りにつくまでの時間はとても大切です。
できれば食事は就床の3時間前に済ませる、入浴は就床の1時間前までに済ませるといったことも関わってきます。

特に布団に入るまでの1時間は、大切です。
睡眠に良い音楽もこうした時間帯から聞き始めるのがおすすめです。
心身をゆっくりリラックス状態に導くことで、眠くなる効果も実感でき、スムーズに睡眠につくことができます。

また、睡眠に良い音楽はいつも同じ音楽を使ったり、複数局使う場合でもいつも同じ順番の組合せにしておくのがおすすめです。
眠りにつくまでの手順を同じにしておくことで、身体がそれを入眠の儀式ととらえるようになるからです。
そのため、条件反射のように眠くなる効果も期待できます。

眠ったらスイッチオフ

音楽は、外部刺激なので睡眠についた後まで聞き続けるのは睡眠の妨げになる可能性があります。
睡眠の質が下がる場合もあるので、入眠後や睡眠が深まったタイミングで自動的にスイッチがオフになるよう音楽プレーヤーをセットしておきましょう。

睡眠を妨げるNG音楽

逆に、睡眠を妨げたり、眠くなる効果を妨げたりする音楽もあるので注意が必要です。

それは、歌詞のある音楽です。
歌詞がある曲を聴くと無意識に歌詞の意味などを考えてしまい、脳が活性化、交感神経が優位に働き始めてしまうのです。

自分が歌詞の意味を理解できない外国語の曲は大丈夫。
また、歌詞がない音楽でも映画やドラマなど自分が知っている物語に付随した音楽は、物語の内容を思い出すなど脳が反応してしまうので、睡眠に良い音楽とは言えないでしょう。

関連記事:ジャンクスリープとは?

聴くと眠くなる睡眠に良い音楽まとめ

動画サイトなどで人気を集める睡眠に良い音楽。
その効果と、眠くなる効果を高める利用法などを確認しました。
自分に合った睡眠に良い音楽を選んで、睡眠の質を高めるのにお役立てください。

  • 音楽は外部刺激なので、睡眠を妨げる可能性がある
  • 音楽のリラックス効果を利用して、眠くなる効果などスムーズな入眠を促すことを目的に利用する
  • 副交感神経を優位にしてリラックス状態に導くことで睡眠の質を高めることが期待できる
  • リラックスモードに導く音楽の種類としてクラシックはおすすめ
  • 睡眠に良い音楽の筆頭であるクラシックのなかでもモーツァルトの曲は特に効果が期待できる
  • 自然界の音で構成されたヒーリングミュージックも睡眠に良い音楽の1つ
  • 同じ曲、あるいは同じ曲の組合せを毎日聞くことで入眠の儀式となる
  • 歌詞がある音楽は交感神経を優位にしてしまう