ページトップボタン

暑い夜を乗り切る!寝苦しい夏の快眠法

暑い夜を乗り切る!寝苦しい夏の快眠法

夏は昼間の暑さもさることながら、最近は夜も熱帯夜が続く日が多くなっています。
おかげで暑さで消耗した体力を回復するための睡眠がなかなかとれなかったり、あるいは暑さで眠れず不眠症が心配という方も少なくありません。

そこで寝苦しい暑い夏の夜の睡眠を快適にする、夏の夜の快眠法を探ります。

眠れない夏・暑い夜の不眠

夏 不眠

同じ人でも季節によって睡眠時間は変わるもの。
日照時間が減る冬は、1年のなかでも睡眠時間がもっとも長い季節です。

逆に夏は、日の出が早くなり、日の入りが遅くなって明るい時間が長くなります。
夏は、もっとも睡眠時間が短い季節なのです。

こうした環境に加えて、近年は温暖化の影響によって熱帯夜も増えています。
そのため以前のように対策なしでは暑さに勝てず、寝苦しい夜を過ごすことになってしまっているのです。

暑い夏の夜でも快眠できる対策とはいったいどんなものがあるのでしょうか?

暑い夏の不眠症状

熱帯夜とは最低気温が25℃以上の夜のこと。
夜の最低気温は、明け方の時間帯に出やすいといわれていますから、就寝時間帯である22時~0時頃はまだまだ昼の暑さの名残で蒸し暑いくらいの気温です。

こういう環境では、寝付けないのは当然。
エアコンで寝室を冷やして、やっと寝つけるような状態でしょう。
また、エアコンの点けっぱなしは身体に悪いとオフタイマーをセットしておくと、エアコンが切れた途端に目が覚めるのも常です。

暑い夏の夜が続けば続くほど、睡眠不足は積み重なり、不眠症状は重くなっていくのです。

暑い夏!布団との密着度が寝苦しさの原因

暑くて寝苦しいのは、布団と身体が密着して蒸れるから。
そういえば寝苦しくて目が覚めると背中が汗びっしょりなんて経験、誰にでもあるのではないでしょうか?
睡眠の質を上げて快眠を実現するには、布団内の温度や湿度も大切なのです。

布団内の快適な温度は体温よりやや低い33℃±1℃、湿度は50%±5%が指標となっています。
ところが日本の夏は高温多湿なため、湿度が80%を超えてしまうことがあります。

その結果、中途覚醒が起こってしまうのです。
暑い夏の夜、快眠のためには通気性を確保する工夫が必要です。

そもそも夏は睡眠時間が短くなりやすい!

睡眠時間は日照時間に関係しているといわれています。
日照時間が長い夏は睡眠時間が短く、逆に冬は睡眠時間が長くなります。

そのため、疲労回復や夏バテなどになりやすいのは、こういった夏の睡眠の特徴でもあります。

関連記事:春夏秋冬の睡眠時間の違いと睡眠方法のコツ

暑い夏を乗り切る快眠法とは

夏 睡眠 快眠

気温自体が上昇している以上、暑い夏に以前のように何の対策もなく快眠を得ることは、難しい状況です。
寝室の温度と湿度を快適にすること、寝具を工夫し、蒸れないようにすること、こうした対策が必要になっているのです。

睡眠環境を整えるエアコンの使い方

エアコンを点けっぱなしで睡眠をとると、朝疲れが抜けない、身体が冷えすぎて体調が悪くなるといった声が多く聞かれます。
エアコンは上手に使わないと、こうした結果になってしまいますので、そこは注意が必要です。
ここでは、エアコンを賢く使って快眠を得る方法を確認しましょう。

エアコンを一晩中フル稼働派

一晩中エアコンをつけていてもOKと考えている人は、28℃に設定し、除湿運転にして湿度を50~60%に指定します。
湿度が下がることで体温を冷やし過ぎずに体感温度が下がります。

これでスムーズに睡眠に入ることができ、中途覚醒なしに快眠が得られます。

28℃では暑いのでは?と思う人もいるかもしれません。
しかし、睡眠に入ってしまうと人の身体は体温が低下するので、あまりに設定温度が低いと冷えてしまい、起きたときに疲れを感じることになります。

関連記事:快適睡眠を導く寝室の理想の温度と湿度

オフタイマーセット派

一晩中エアコンを点けたくないという方は、就寝1時間前からエアコンを24~25℃に設定して部屋を冷やしておき、睡眠につく際に28℃くらいに温度設定を変更します。
これでスムーズに睡眠に入ることができます。
また、この方法は夜中にエアコンが止まるオフタイマーを設定しても途中覚醒が防げます。

扇風機と併用派

扇風機を使う場合、エアコンとの併用がおすすめです。
エアコンの温度を高めに設定できますし、扇風機が作り出すそよ風のような気流が体感温度を下げて、快眠効果を生み出します。
ただし、扇風機の風を直接身体にあてることはNG。
壁にあてて気流にすることで睡眠を妨げたり、身体が冷えすぎることを防ぎます。

暑い夏に快眠を生む敷パッド

身体と布団が密着して蒸れることが暑い夏の寝苦しさの元。
ですから、布団と密着しない工夫が必要です。
最近は、夏用に冷感マットなどが各社から登場していますが、その理由が蒸れを防ぐためなのです。

イグサや竹を使ったシーツ、吸湿性のある麻を使った寝具など、予算と好みに合わせて使用し、快適な睡眠環境を手に入れましょう。

関連記事:睡眠の質に影響する寝具のチカラ

暑い夏は入浴よりシャワー

夜になっても気温が下がらず暑いままの日に、入浴するのは気が乗らないもの。
疲れが溜まってリラックスしたいなどの理由がない限り、夏の暑い日はシャワーのみでもOKです。

入浴が快眠に効果があるのは、睡眠に入る前に深部体温が下がる身体の機能に合わせたもの。
夏の暑い日に熱いお風呂に入って体温を上げてしまうと、かえって逆効果になってしまうこともあります。
シャワーで汗を流して気持ちよく就寝するのも快眠の手助けになります。

暑い夏の夜を乗り切る快眠法まとめ

温暖化によって気温が上昇している日本の夏。
これまでのように対策なしでは、乗り切れない状況です。
エアコンや暑さ対策用の寝具を上手に使って、快眠を手に入れ、過酷な夏を乗り切りましょう。

  • 夏と冬では同じ人でも睡眠時間が違い、夏は1年でもっとも睡眠時間が短い季節
  • 夏の寝苦しさの原因は寝具と密着した身体の蒸れ
  • 理想的な布団内の環境は、温度が33℃±1℃、湿度が50%±5%が指標
  • 暑い夏の夜は、布団内の湿度が80%を超えることがある
  • 一晩中エアコンを点ける場合は、28℃に設定し、ドライ運転にすると湿度が下がることで体感温度が下がり、快眠できる
  • エアコンを一晩中使うのはイヤな人は、就寝の1時間前から部屋を冷やし、寝るときに設定温度を28℃に上げると良い。エアコンを途中で止めても途中覚醒が防げる
  • 扇風機はエアコンとの併用がおすすめ。エアコンの温度を高めに設定し、扇風機は風邪が直接身体にあたらないよう、壁にあてて循環するようにする
  • 身体と布団が密着しないよう、敷パッドなどの寝具の利用もおすすめ