ページトップボタン

太陽光がカギを握る!今夜の質の良い睡眠

太陽光がカギを握る!今夜の質の良い睡眠

私たち人間には、太陽が昇った明るい昼間に活動し、太陽が沈んで暗くなると眠くなるという生活のサイクルがあります。
それは電気などがなかった時代から続く営みで、自然の摂理にかなったものです。

どうやらこうした生活サイクルには、太陽光が関係しているようです。

今回は太陽光と睡眠の関係についてお話ししていきます。

今夜の睡眠のカギを握る朝の太陽光

睡眠 太陽光

私たちは、なんとなく夜暗くなるから眠くなると思っています。
でも実際に夜の睡眠は、朝、太陽光を浴びたときから導かれているのです。

睡眠と太陽光には、切っても切れない縁があるのです。

太陽光が体内時計をリセット

私たちが住む地球は、24時間周期で自転しています。
1日が24時間の地球に住む私たちの生活のリズムは、もちろんこれに合わせたものです。

実際、私たちの体内には1日周期のリズムを刻む「体内時計」が備わっています。
この体内時計の周期も平均してほぼ24時間だというのが最近の研究でわかってきました。

とはいえ、プラスマイナスでやや幅があり、24時間より長い人も短い人もいるそうです。
こうしたズレをリセットするのが朝、起きて浴びる太陽光なのです。

太陽光がセロトニンのスイッチをオン

私たちは朝、太陽光を浴びると、脳内でセロトニンというホルモン成分が分泌され、心身の活動を活発にする交感神経が刺激されます。
セロトニンは体内の機能を調節して覚醒を維持する効果があるのです。

また、朝の太陽光には体内時計の基準となる大元をリセットする働きがあります。
朝、太陽光を浴びることで体内時計がリセットされ、日中活動するのに必要なホルモン類が分泌されます。
その働きによって交感神経系が優位に働くため、活発に過ごせるようになるのです。

関連記事:睡眠ホルモン「メラトニン」の効果?「セロトニン」との関係とは?

起床時間が睡眠が訪れる時間を決める

昼間はセロトニンなどの働きによって交感神経系を優位に働かせていますが、太陽が沈んで暗くなるに従って、心身をリラックスさせる副交感神経系が優位に働き始めます。
活動的に動いていた身体もリラックスした状態になっていき、だんだんと眠くなってきます。

このように副交感神経が優位に働き始める時間を決めているのが朝、太陽光によってリセットされた体内時計です。
睡眠ホルモンであるメラトニンを分泌させることで副交感神経を優位にします。

具体的にメラトニンが分泌され始めるのは、太陽光を浴びた14~16時間後です。
朝6時に起きた場合、午後8時から10時にメラトニンが分泌されて睡眠モードへ変換していくのです。

しかもこのメラトニンは、昼間働いていたセロトニンを材料にして合成されています。
つまり、より良い眠りのためには、メラトニンがたっぷりと分泌されている必要があるのです。

このように昼間活動して夜睡眠をとるという人間の生活サイクルを正常に行うためには、朝、起きたときに太陽光を浴びることが大切なのです。

関連記事:自律神経の乱れが寝つきが悪いなどの不眠の原因に

太陽光が睡眠障害の改善に効果的

睡眠 睡眠障害 太陽光

日本人の5人に1人が不眠に悩んでいて、15%が日中に眠気を感じているという調査結果があります。

こうした原因は、やはり体内時計に乱れが生じたことのようです。
体内時計を強制的にリセットするのにも太陽光は有効です。

関連記事:今話題の「睡眠負債」とはどんなもの?

太陽光が足りないと起こる睡眠障害

眠りに就く1~2時間前に分泌が始まるメラトニンは、時間によって量に差はあっても、眠っている間はずっと分泌され続けます。
この分泌を止めるには、朝、太陽光を浴びることが必要です。

ですから、朝、決まった時間に目覚まし時計などで起きたとしても、太陽光を浴びずにそのまま照明の暗い部屋で過ごしていると眠気はずっと続くわけです。
また、最近は睡眠をとるべき夜の時間帯に必要以上に明るい照明のなかで過ごすことも少なくありません。

こうしたことによって体内時計に乱れが生じ、生活のリズムが崩れてしまいます。
睡眠不足や睡眠障害は、一概には言えませんが、生活リズムの乱れからくる、太陽光不足も原因となっています。

関連記事:不眠症と睡眠障害って違うの?睡眠障害の種類と原因

太陽光で強制リセットして睡眠障害を改善

睡眠不足や睡眠障害を自覚しているのなら、就寝時間を早めるより、朝、起きて太陽光を浴びる時間を一定にする方が効果的です。

特に体内時計がすでに大きく乱れていると、一定の時間にならないと眠気が訪れません。
無理やり寝ても睡眠の質が悪かったり、熟睡感が得られなかったりします。

睡眠不足が続く中で早起きするのは大変ですが、太陽光を浴びることが体内時計の強制的リセットには、もっとも効果あるのです。
1日でも早起きすれば、眠気が訪れる時間の感覚変わってくるのがわかるはずです。
朝、太陽光を浴びる日を繰り返すことで生活習慣自体が改善されていきます。

関連記事:熟睡できてる?眠りが浅くなる原因と改善方法

睡眠と太陽光の深い関係記事まとめ

太陽光を浴びることは、睡眠障害の改善にも効果的であることがわかりました。

現在、睡眠障害の方は以下のことに注意してみると、睡眠障害の症状が改善されると思います。

  • 睡眠と太陽光には密接な関係がある
  • 今夜の就寝時間は朝、起床して太陽を浴びた時間で決まる
  • 朝の太陽光が体内時計をリセットする
  • 朝、太陽光を浴びると心身を活動的にする交感神経が優位になる
  • 朝、太陽光を浴びた14~16時間後に睡眠ホルモン・メラトニンが分泌され始める
  • 睡眠障害を感じたら体内時計をリセットするために朝、起きてすぐに太陽光を浴びる